競馬予想データフェスティバル

競馬の予想に役立つデータを見やすい表にまとめています。

的中総選挙

毎日王冠2014 過去好走馬の追い切りパターン

毎日王冠(東京芝1800m)の過去の1~3着馬の追い切り内容をまとめました。

・2013年
1着エイシンフラッシュ
栗東CW良 80.7-66.6-51.7-37.6-11.9 併せ先着

2着ジャスタウェイ
栗東坂路良 51.3-37.9-25.3-13.0 併せ遅れ

3着クラレント
栗東坂路良 52.4-38.4-25.3-13.1 併せ先着


・2012年
1着カレンブラックヒル
栗東CW良 80.8-65.5-51.8-38.4-12.1 併せ先着

2着ジャスタウェイ
栗東坂路良 54.0-39.5-26.1-12.9 併せ遅れ

3着タッチミーノット
美浦D良 82.2-67.4-52.5-38.0-11.7 単走


・2011年
1着ダークシャドウ
美浦W不良 52.5-37.9-13.6 併せ先着

2着リアルインパクト
美浦W不良 51.8-37.2-13.7 併せ遅れ

3着ミッキードリーム
栗東坂路良 52.8-38.2-24.6-不明 併せ遅れ


勝ち馬はウッドコースの併せ馬で先着している。

☆2着以下も基本的には併せ馬をしていた方が良さそう。


今年の毎日王冠の出走馬で
最終追い切りを「ウッドコースの併せ馬で先着している」のは
・・・微妙なところなのですが
まずウインマーレライが先着か併入かといったところで、
ディサイファは併入か遅れ、という感じ。
すっきりウッドで先着している馬はいなかったですね。
単走ならダイワファルコン・ロゴタイプもウッドで追い切っています。

京都大賞典2014 京都芝2400mの種牡馬成績

京都大賞典2014が行われる京都芝2400mの種牡馬成績です。
京都大賞典2014種牡馬データ
データは2011年~2014年先週までのものです。
TARGET frontier JV

☆断トツでディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
これだけ多い出走頭数で、しかも人気馬が多いにもかかわらず、単勝回収率・複勝回収率ともに100%を超えているのはすごいですし、勝率・連対率・複勝率も素晴らしいです。
今年の登録馬ではヴィクトリースター・トーセンラー・ラストインパクトがディープインパクト産駒

キングカメハメハ産駒(ミスプロ系)の回収率は昨年の京都大賞典のヒットザターゲットが跳ね上げたもの。
それを抜きにすれば普通の数字。

フジキセキ産駒(サンデーサイレンス系)は2400mという距離なので出走数は少ないですが、数字は優秀ですし、人気を裏切っての大凡走ということもない感じ。
今年の登録馬ではタマモベストプレイがフジキセキ産駒

毎日王冠2014 東京芝1800mの種牡馬成績

毎日王冠2014が行われる東京芝1800mの種牡馬成績です。
毎日王冠2014種牡馬データ
データは2011年~2014年先週までのものです。
TARGET frontier JV


☆勝利数トップはやはりディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)
複勝率が特に優秀。
回収率は普通といったところ。
今年の登録馬ではスピルバーグ・ディサイファ・ワールドエースがディープインパクト産駒

☆2位はフジキセキ産駒(サンデーサイレンス系)
16番人気で勝った馬も入っているので単勝回収率は300%を超えているが、それを抜きにしても勝率・連対率・複勝率などから評価できる。
今年の登録馬ではロサギガンティアがフジキセキ産駒

ダイワメジャー産駒(サンデーサイレンス系)も勝率・連対率・複勝率は良く、複勝回収率は165%とかなり高くなっている。
今年の登録馬ではダイワマッジョーレがダイワメジャー産駒

ローエングリン産駒(サドラーズウェルズ系)はサンプルが少なく、特定の馬の活躍や激走で数字を上げている感じだが、注目はしたい。
今年の登録馬ではロゴタイプがローエングリン産駒

京都大賞典2014 過去データ

2014年10月13日に行われる京都大賞典(京都芝2400m)の過去のデータを予想に役立つ表にまとめました。
京都大賞典2014過去データ
TARGET frontier JV

☆人気
昨年は1着11番人気、2着7番人気。
一昨年は1着5番人気、2着7番人気と
人気薄でも期待が出来る。

☆性齢
毎年4歳牡馬が来ている。

7歳馬でも来れているので、あまり気にするポイントではなさそう。

☆斤量
ここもあまり気にしなくても良さそう。

☆馬体重
最も軽いのがトーセンラーの456kg

人気馬や実績馬はあまり気にしなくても良さそうだが、人気薄で好走している馬は480kg以上となっている。

☆前走
前走は重賞で、2000m以上。

前走2200mが3連勝中。

前走着順、前走の上がり順位はそれほど重要ではなさそう。

前走が宝塚記念や春の天皇賞という馬が多く、前走からの間隔は空いている馬が多い。
間隔が詰まっている馬は、前走が好相性距離の2200mだったり、着順・上がり順位などに見どころのある方が良いのかも。

毎日王冠2014 過去データ

2014年10月12日に行われる毎日王冠(東京芝1800m)の過去のデータを予想に役立つ表にまとめました。
毎日王冠2014過去データ
TARGET frontier JV

☆人気
1番人気が2勝。
人気薄の好走もある。

☆性齢
1着は牡6、牡3、牡4とバラバラ。

☆斤量
ここもあまり気にしなくても良さそう。

☆馬体重
最も軽いのがカレンブラックヒルの468kg
460kg以上はほしい。
あまりに軽すぎる馬は割引が必要か。

☆前走
前走は重賞で、1600m以上。

適正距離ではなかったと思われるジャスタウェイのダービー11着以外は馬券圏内に来ていた。

前走の上がり順位は重要ではない。

前走からの間隔は、勝ち馬は23、22、17週と空いている。
春の時点で実績を残している馬の方が勝てるレースということか。
間隔が詰まっている馬は、前走重賞で連対が条件。

アクセスランキング
  • ライブドアブログ